引越し2010/07/15 03:54

年が明けて何回かの土曜日の深夜、いつものように階段をパタパタと降りる音がしたと思ったらめぐみ(仮称)がいつもの友達と一緒に入ってきた。

この日はなぜが四人掛けのテーブル席に座った。
最初からテーブル席に座るのは初めての事である。
「珍しいね」と声を掛けると「マスター、引っ越するんです」、
「最後の挨拶にきましたぁ」と元気そうにいう。
温かい梅酒を飲みたいというので友達のと二つホット梅酒をテーブルに運んだ。
「会社が移転するので千葉に引っ越すことになりました」
残念そうでも嬉しそうでもいつもの表情でもない落ち着いた口調でめぐみは話す。
一応今日が最後だという思いで友達ともゆっくり話したいということでテーブル席がいいということらしい。
二人で食事をした帰りに私にも「お別れの挨拶」のつもりで立ち寄ったということである。

半年以上来店していなかったのだが久しぶりに見えたと思ったらいきなりお別れの挨拶とはちょっとびっくりである。
就職してから二回目の来店であることを考えると学生時代のように気ままに酒など楽しんでいる時間は少ないのだろうと推測していたのだがそれにしても久しぶりである。

少しして三人組のお客さんが見えた。
めぐみたちにお願いして二人席のテーブルに移っていただいた。
ほんのちょっぴり活気付いた店内では「友達」の話声は一切聞こえなかった。
めぐみの声も聞こえたり聞こえなかったり、いつもの全開モードとは違う落ち着きがある。

三人組の片付けが終って、ハーブティーを差し入れしてあげた。
引越しを前にどんな思いなのか伝わっては来ないが今日はやや落ち着いている様子である。

急だった事もあり何の準備も餞別も出来ないままいつも通りの営業が終った。
行き当たりばったりのB型の特徴が良く出ている彼女の行動が、若い頃の自分に良く似ていると以前から感じていた。
自分が歩んで来た軌跡を似た思考で歩む彼女の軌跡がやけに共通するなと感じていたのだが、その軌跡も今日で途絶えてしまい残念な気持ちである。

                                           完

親孝行2010/01/30 07:10

店前の掃除が終わり中に入ろうというタイミングでめぐみ(仮名)が歩いてきた。
飲み会の帰りだという。
立ち話もなんだからお茶でも飲んでいかないかと提案してみる。
お湯を沸かそうとすると「喉が渇いてるからお酒がいい」と言い出した。
飲み足りなさそうではないのだが「喋りたい」んだなと思った。
珍しくスパークリングワインを頼んだ。
飲み会では和酒を飲んできたのかなと想像する間もなく
「親孝行したいんだけど何がいいかな?」といきなり聞いて来た。
この若さでこのタイミングで親孝行とは?と急な質問に驚いた。

世間一般で言われているようなありきたりのことしか思い浮かばない。
両親の誕生日や記念日などにプレゼントをするとか
温泉とかの小旅行に連れて行くとか、しかし既に実行済みだという。
就職して間もないのに貰った給料で親孝行とは中々感心する。

一人のお客さんが入ってきてテーブル席に座った。
気になるのか、 めぐみは「なぜカウンターに座らないの?」と
言わんばかりに振り返る。

振り返ったまま話が続きしまいにはグラスとミックスナッツを持って
その女性の対面に座ってしまった。
相変わらずマイペースである。
初対面なのに自己紹介もなく話し相手にしてしまっている。
その女性はめぐみよりは一回りくらい上だろうか?
初めて来た店で初めて会うめぐみの話をいやそうな素振りもせずに聞いている大人である。

カウンターにはたまに見える女性のお客さんがめぐみの荷物の隣に座っていた。

親孝行の話はお預けになったまま時間が過ぎていった。

眠い?2009/09/27 07:45

土曜日の日付が変わる頃にいつも通りにパタパタと足音を響かせてめぐみ(仮名)がやってきた。いつもの友達と一緒である。
飲んだ後に更に駅前の飲み屋街で二人で飲んでいたのだがその店の近くにあるキャバクラ?らしき店のマイクでのコールがうるさくて退店してきたのだという。
その飲み屋街にある数件の店はなぜだか入り口のドアを開けたままで営業しているところが数件あるのは私も確認していた。

席に着くなりいつもの克の注文を受けた。友達は芋焼酎仕込みの梅酒である。
今夜のめぐみはなんだかお疲れモードである、席に着いてから欠伸の連発である。

しかし酒を口につけると舌が回り始める。
今日のお題は幕張出張である。
東京駅から京葉線に乗るのだが、東京での生活が長い人なら誰もがその存在くらいは知っている京葉線(けいようせん)を初めて利用した彼女は「きょうよう線」と読むのだと思っていたらしい。
そしてその京葉線なのだが東京駅から乗ったのは問題ないのだが、ある駅から武蔵野線に乗り入れするタイプとそうでないタイプの二種類あることに気づかず、
たまたま乗った電車はそのまま武蔵野線に乗り入れていたらしく気が付いたときには目的地とは全く違う辺りにいたらしいのである。
駅員に聞いて来た路線を戻ったらしいのだが時既に遅し、いきなりの出張で「遅刻」したそうである。

眠いのか酒が進まず又欠伸である。

東京近辺の電車の路線や運行システムは都内に住んでいても利用しないエリアについては複雑で調べないと分からないものである。

地方出身の彼女が社会人になって初めての遠出であることを思えば、こんな事があってもおかしくは無い。
ある意味おかしいことに気が付いて途中で引き返すことが出来た事は 車内でうとうと寝ていたのではないのだなと、早朝から緊張していただろう彼女が想像できる。

ゆっくり時間が流れ今夜は一杯で引き上げた二人だったが、この間友達の声を聞くことは無かった。

社会人デビュー2009/07/05 03:09

店前を掃除していたら声をかけられた。
振り向くとめぐみ(仮称)である。
どこかに出かける様子である。
たずねると、いつもの友達と待ち合わせだと言う。

急いでいるのかすぐに、パタパタと足音を響かせ立ち去ってしまった。

数時間後、同じ足音が聞こえたと思ったら又めぐみである。
目黒で軽く飲んできたのだと言う。
わざわざ目黒まで行ったのに早い解散である。
まるで「カラスの行水」みたいな飲み会だ。

まずはビールから入った。
研修で長野だか山梨に行った話しから始まった。
今日の話題はその研修の「しごき」である。
彼女は大学を卒業して新社会人になったばかりである。
そしてその会社の研修が10日間位泊り込みであり
「きつかった」ということなのらしい。

数人でチームを組んでかなり大きな穴を掘ったのだという。
とにかく交代でこつこつとスコップで土を掻き出す単純作業である。
女性にはかなり堪える肉体労働だ。

今夜のために「しごき話」を取って置いたかのようによくしゃべる。
めぐめぐ全開モードである。
芋焼酎倉岳に移り次のしごきを話し始めた。

なにやら重石を持って湖の周りを10キロ走るのだそうだ。
途中でリタイアする人も出たらしいのだが負けず嫌いの彼女は
クリアしたという。
まるで自衛隊?のような訓練である。

この華奢な体で本当にクリアしたのだろうかと私は思ったが
嘘ではないだろう、このいきいきした喋りが物語っている、
社会人になって最初の難関を突破した充実感が全身から溢れている。
今日はこの充実感を披露したかったのだと私は気が付いた。

次はお気に入りの克である。
少し疲れたのか、全部吐き出してすっきりしたのか、克を味わうように 飲んでいる。

この「しごき」がどのように彼女の仕事に影響するのかいささか不思議に思った、
一体どんな業種の会社なんだろう?

ムサコホーリック2009/04/30 21:43

賑やかな話し声が聞こえた。,
もしやと思っているうちにドアが開き、「こんばんわぁ」と入ってくるなり椅子に座った。
いつもの友達二人とである。
機嫌が良いのかめぐめぐ全開である。
まずはビールの注文を頂き注いでる間にもしゃべっている。
その友達の誘いで目黒で飲んできた帰りだという。
楽しいひと時だったのだろう、二人の表情からそれが感じられる。
友達の表情はあまり変化が無いのだがそれでもなんとなくであるが いつもよりは楽しそうである。
しかし斜に構えて酒を飲むスタイルはいつもと変わらない。 その友達がもし男性だったら「シブイ」という言葉が似合うのではないかと私はそう感じている。
「ひくっ」しゃべっている最中にいきなりしゃっくりである。
相当飲んできたのか、あるいはテンション上がり過ぎたのか?
「ひくっ」連発し始めた。
「ムサコホーリック」というキャッチフレーズを思いつき、その名のイメージでカクテルを作ってもらったらどんなものがでてくるのか? というような話で盛り上がったとのことである。

ビールのお代わりである。
焼酎にいかないところをみるとかなり飲んでるのだろうと推測される。
友達が見かねたのか、背中を叩き始めた。
しかし相変わらず止まりそうも無い。
止まらないほど今夜は楽しくおいしい酒を飲んだのだろうと私は思った。
彼女がイメージする「ムサコホーリック」一度飲んでみたいものである。

友達と二人2009/02/06 02:47

平日の日付が変わろうかと言うタイミングで彼女はやってきた。
今日はいつもの友達と一緒である。
バイトの帰りだろうか?或いは軽く飲んできた後なのだろうか?と思いながら注文を伺う。
二人ともまずはビールである。
あれ?素面なのかな?と勝手に想像しながらグラスを差し出した。
二人のコンビを見ていると、私の世代だと「ツービート」(ビートたけしとビートきよしのお笑いコンビ)を思い出すことがある。
ボケやつっこみなど笑いを取るわけではないのだが会話の八割をめぐみ(仮称)がしゃべっているのである。
友達はまるでうなずき専門のきよしのようであり良くしゃべる彼女はたけしに重なるのである。
たまに友達が反応する程度であり、静かに斜に構えているのがその友達のスタイルである。
ちょっと店が混雑してたりするとその友達の声を認識するのは難しいかもしれない。

ビールの次は梅酒である。
ちょっと意外だった、いつもなら芋焼酎なのに今夜は梅酒、友達も同じ梅酒を頼んだ。

帰り際に外まで見送った。
当店には彼女の意向で来ているのだろうと推測がつく。
そのせいなのか付き合わせた友達を反対方向に住んでいるにも拘らず途中まで送っていくと言うのである。
年上の友達をきちんと敬って礼を尽くす姿は感心したものだ。

久しぶり2008/10/27 04:17

年が明けて正月が終わり日常に戻りつつある平日の営業日、
彼女はいつも通り足音を轟かせながらやってきた。
久しぶりである。
カウンターの真中に座りビールを頼んだ。
一人での来店は約半年振りだろうか?
カウンターの奥には焼酎好きな常連のお客さんが既に数杯目に突入していた。
既にお互いに面識はあり話もした事があると私は記憶している。
今夜も相変わらずニコニコしている、楽しそうであり嬉しそうなこの笑顔は見ていて気持良いものである。
きっと正月の間あまり多くの人と接すず部屋にこもっていてそろそろ人恋しくなったのか話し相手欲しさに来店したのではないかと彼女の表情から勝手に推測してみた。
活発で饒舌なのだが今夜は若干であるが落ち着いているように感じられる。

次はこれもまたいつも通り「克」を頼んだ。
飲み会があるごとに他の焼酎を飲んでみるのだが克以上の物はまだ無いと彼女は言う。「克」はお気に入りなのである。

3人で他愛も無い話で盛り上がり酒は進み克は4杯目に突入した。
当店の4杯は2合に相当する、飲んだ帰りでは2合の焼酎ロックはきついはずである。
今日の飲みっぷりはしらふからのスタートに違いない。

まだ冬休みなのだろう、時間を全くに気にしていない。
世間は昨日から平常モードに入り時間を刻もうとしているのに 閉店間際の店内は時間が止まった感じだった。

ピンチ!!2008/06/05 03:10

11月のある土曜日の深夜、二組のお客さんが静かに飲んでいた。
そんなタイミングでいつも通りパタパタとめぐみ(仮名)がドアを開けて入ってきた。
「いらっしゃいませ」と声を掛ける。
しかし2~3歩入った辺りで立ちすくんでいる。
「座らないの?」と問い掛けるも何やらはぁはぁと肩で息をしている。
「ナンパされたっ!」と彼女。

どうやらバイト帰りに数人の男の子達に声を掛けられ無視した物の後をつけられたらしいのである。
そして途中にあるGrayに「避難?」の為に立ち寄ったらしい。

店内は暗いので顔色までは良く分からないが、きっと青ざめていたに違いない。

「ちょっと休んで時間ずらしてから帰ったら?」と促すも、「もう大丈夫!」とそそくさと出て行った。
少し間を置いてから外に出て様子を見たが人気や会話などは聞こえないようである。
無事に帰ったのだろうと祈りながら店に戻った。

普段からこんな状況でも、そつなくかわしてるのだろうというのが彼女の印象だったが意外にもそうではなかったのである。

今夜は3人2008/02/04 02:14

今夜は雨降りなのに早い時間から来客があった。
テーブル席に座られたお二人は静かに飲み始めた。
何杯か飲まれお帰りになった後に次のお客さんが来店された。
オープン当初から通って頂いている焼酎好きな常連の方である。
飲まれる酒はほぼ決まっていてその中でその日の気分で数種を飲まれて帰られる。
昨夜とは違う酒を豆腐ようと共に味わっている。

少しして団体のお客さんが見えて、ちょっと賑やかな雰囲気になってきた。
日付が変わり少しした頃に一気に引けて束の間だが後片付けに追われた。
目処がついて一息つけるかなというタイミングでその一行はやってきた。
めぐみ(仮名)とバイト仲間の以前も見えた友達と初めての男性の3人連れだ。
入り方がいつものようにバタバタしていない。
今夜は珍しくカウンターの、入り口に近い方の端に座った。
彼女はまずビールを頼んだ。いつもならはしゃぐように喋り始める彼女は随分おとなしかった。彼女のはバイト仲間の友達も以前と変わらず表情を変えない。
男性は彼女達よりはかなり年上に見えた、バイトの仲間ではなさそうな事しか想像できない。
少し前までは賑やかだったのに急に落ち着いた雰囲気になり外の雨音がかすかに聞こえるかのようである。
酒のペースはいつもと変わらないがスローペースで時は流れた。
かなりゆっくり夜明けに向かっていくのがわかる。
3人とも暗いわけではないのだがテンションが上がらないように思えるのは私だけか?
めぐみもいつものように全開には程遠い、というより今夜はサイレントモードなのか口数は少ない。
以前もサイレントモードの時はあったがそのときとは少し違う感じである。
年上の男性が居るせいなのか落ち着いている、彼女一人のときは結構はしゃぐのだが「そんなことないよ」と言わんばかりに違う一面を見せていた。

大食い!2007/11/15 03:53

夏の終わりのある営業日。
暑かったかこの日は、今日は店を閉めたら蕎麦を食べようと決めていた。

週の中日でもあり、あまり忙しくない水曜のことであった。
閉店までは時間があるが早めに準備をしようとしていた矢先である。
いつもどうりパタパタと足音を轟かせめぐみ(仮名)が入って来た。
「こんばんはー」といいながら席につく。何が嬉しいのかこの時点からすでにニコニコしている。
「平日なのに珍しいね」と私。今日もバイトの帰りだという、
週に3日ほど働いているらしい。そのうち水・土は確定していて後は都合の良い時に出るらしい。
喉が渇いているのかまずはビールを頼んだ。
それとつまみのピリ辛ちくわも。このちくわは中々の人気で彼女は過去にも3~4回食べている。
作っている間始終話をしているこちらもそれに合わせてテンションが上がっていくのが分かる。
ビールの次は克である。他店で違う焼酎も試したけど克が一番だという。
話のテンションは高いが飲むペースは珍しくゆっくりなので私は安心している。

閉店時間が迫ってきたので、蕎麦茹での準備に入った。
「何か作るの?」と彼女。「今日は店開ける前から蕎麦を食べようと思って 準備してたんだよ」、「蕎麦食べる?」「やったー」と彼女、嬉しそうである。
茹でてる間もいろいろ話が止まらないので集中できずに長めの茹で時間になってしまった。
ざるに蕎麦を盛り、丸テーブルに移動にして看板を消して準備OK。
ロック用の焼酎の器が蕎麦猪口代わりでちょっと贅沢な気分である。
海苔と山葵をいれて食べ始めた。
トイレから戻った彼女も食べ始めたがすぐに箸が止まった。
「山葵効きすぎっ!」ほんの少し入れただけなのに山葵は苦手らしい、 つゆと水を足して再スタート。
蕎麦が旨い。
暑くてあまり空腹感は無いのだが食べればかなりいけそうな感じである、
彼女も黙々と食べている、あまりおなか空いていないといいながら ざるに手をのばす回数はかなり多い。
かなりお腹空いていたのだろう、細身の割には意外に大食いである。
4人前くらい茹でたような気がするがあっという間にざるが空になってしまった。
「あーお腹いっぱい」と満足そうに彼女は箸を置いた。洗い物は明日にしようと思いシンクに溜めて店を出た
。 外はもう明るくなっていて日差しがまぶしかった。