お知らせ2015/05/04 03:39

非常に残念なお知らせですが、
本年4月よりサントリー社扱いの一部のウィスキーが値上がりしました。
こちら

現時点で当店で該当するのは、マッカラン12年/ラフロイグ10年の2種になります。

しかし、残念ながらこれ以外にも高騰している物も存在してはいます。

並行輸入の物も含めて近年は高値で推移しているのが現状です。

輸入洋酒全てに言えることですが、基本的には価格は常に変動しているのですが、
昨今変動幅が大きいためにあえてお知らせする次第です。

ラフロイグの種類2015/04/01 22:25

ラフロイグの種類

オフィシャルラフロイグ勢ぞろい

最近オフィシャルラフロイグの種類が増えてきた。
これには内情があるようだがそれは割愛して
種類だけの紹介にしたいと思う。

10年カスクストレングスも以前はあったのだが
そのせいなのか、最近は流通していないようだ。

セレクトカスク  40度
QAカスク    40度
PXカスク    48度

トリプルウッド    48度
クォーターカスク    48度
10年 並行輸入品  40度
10年 正規輸入品  43度
18年    48度
30年    43度


近年10年の価格が高騰しているため、コストパフォーマンスに優れる
クォーターカスクがお勧めである。

変わり種としてはシェリーカスク系のPXカスクと30年が面白い。
又は10年の並行品と正規品の飲み比べも良いかもしれない。
両方揃えている所は中々無いだろう。

ニューアイテム(上記三種)は通常商品なのか限定商品なのかは不明だが、
ラフロイグファンには選択肢が増えてますますのめり込みそうだ。

響 21年2015/03/30 04:46

響 21年

サントリー 響 21年

以前はクレストがブレンドシリーズの最高峰だったが、
創業90周年を記念して1989年に響が誕生してその座に君臨している。

手すき和紙のラベルや表面を24面カットしたボトルなど気合が感じ取れる。

又数々の賞を受賞し世界で認められ、受賞数では30年をしのぎ
響の中では最多である。

この響21年、一押しなのは今まで嗅いだことのないその香りである。
柑橘系の甘酸っぱい芳醇な香りは記憶にあるどのウィスキーの香りとも
全く違う。

香りだけでも十分に楽しませてくれる。

口に含んでも奥行を感じ、他の同社のブレンドウィスキーとは
格の違いを感じさせる。

最近は17年や12年もリリースされているようだ。
機会があれば弟分も飲んでみたい。

アードペッグ ブラスダ2015/03/11 03:14

アードペッグ ブラスダ

アイラモルト アードペッグ ブラスダ

アードペッグは10年程前までは、ヘビーピートの部類に入る
モルトウィスキーだったが、ラフロイグクォーターカスクやトリプルウッド、
キルホーマンやオクトモアの登場により
今ではミディアムピートの部類になってしまった。

そんなアードベックから数年前に限定生産された
アードベックの中では異色なブラスダである。

このブラスダはフェノール値をかなり落とし(10PPM以下)、
「ピートが弱くてもアードペッグはウィスキーとして美味しいですよ」
というテーマの下に生まれたらしい。

アルコールも40度と低めの設定でかなり大人し目に仕上がっている。
ほのかに感じるピート香は、アイラモルト?と疑ってしまうほどだが、
純粋にモルトウィスキーとして挑んだ方が楽しめるかもしれない。

以後再生産されていないので売り切れ御免の一本である。

ヴーヴクリコ2015/03/10 02:58

ヴーヴクリコ イエローラベル

ヴーヴクリコイエローラベル

雨の日はシャンパンが格安。

「雨の日サービス」として格安価格フルボトル一本7500円で提供してきました、
ヴーヴクリコが本日終了してしまいました。

「雨の日サービス」は引き続き継続いたしますが
「ランソン ブラックラベル」のみのご提供になります。

雨の日サービス  ランソン ブラックラベル 一本7500円。

尚通常時はフルボトル

ヴーヴクリコ          8500円
ランソンブラックラベル     8000円

いずれも数量限定ですので売り切れ次第終了となります。

当店のお酒2015/02/25 01:10

先日、お酒の本数を聞かれはっとなった。
数えたのはかなり前のことだ。

確認の為大雑把に数えてみた。

モルトウィスキーはメニューに無い物もいれて    約75本

そのうちアイラ系が約半分


バーボン&ライウィスキー             約20本

ブランデー                      5本

ラム                        16本

テキーラ                       4本

ジン                        10本

その他                      約60本

ビール/ワイン/シャンパン/スパークリング    約20種

在庫は常に変動していて増えたり減ったりを繰り返している。
気が付いたらアイラモルトがかなり増えていた。
場所があればもう少し増やしたいと思うところである。

グレンドロナック 12年2015/02/18 02:56

ハイランドモルト グレンドロナック12年

ハイランドモルト グレンドロナック12年

最近シェリー樽系のモルトが人気である。

「お勧めを下さい。」
というリクエストの場合、「出逢って良かった。」と
言われるようなものをその方のストライクゾーンをお聞きしながら
選ぶわけだが、リピート率が高いものを挙げると当店の場合、

ラガヴーリン 16年
ラガヴーリン ダブルマチュアード
キルホーマン シェリーカスク
オクトモア
グレンドロナック 12年
グレンファークラス 12年


こんな感じなのだが、オクトモアとグレンファークラス以外は
全てシェリー樽系である。

マッカランが切れている時に「代役」として提供すると、
以後マッカランに戻らない方も時たまいらっしゃる。

色も味もマッカランより濃くほぼ同じ価格帯にもかかわらず贅沢な気分になれるらしい。

ベンリアックがオーナーになってからか流通量が増えたような気がするが
シェリー樽系のアイテムとして人気が出ているのは間違いないようだ。

ペドロヒメネスとオロロソ樽のブレンドだがバランスも中々よい。
シェリー樽系ファンにはお勧めの一本である。

オクトモア 6.3 アイラバーレイ 入荷2015/02/16 01:51

ブルイツクラディ オクトモア 6.3 258PPM

オクトモア 6.3 アイラバーレイ

昨年から待ちわびていたオクトモア6.3が遂に入荷した。

この6シリーズは6.1/6.2/6.3と三種類あり、
今回は最終エディションの6.3である。

6.1は以前紹介したが6.2は免税店向けの為、現在一般市場では出回っていない。

そして今回の6.3であるが特筆すべきはそのフェノール値、
なんと258PPMだ。

以前の1.5倍である。
その拘りようは異様ともいえるほど過去のオクトモアを超越している。
アルコール度数64度もこのシリーズ最高だ。

口に含んだ瞬間から感じるピート香はとても魅惑的で癖になる。
喉を通り過ぎた後にこみ上げてくるふわっとしたこの感覚は過去のオクトモアよりは一枚上か。

かなり身体がオクトモアに慣れたせいかフェノール値や度数に対して まったく違和感なく飲めてしまう。

特別な日、最後の一杯というタイミングでのローテーションからは絶対に外れないアイテムになった。

ヘビーピートマニアなら是非とも一飲をお勧めする。

コンサイスコンポ ブラック2015/02/06 03:56

コンサイスコンポ ブラックモデル
BGM用として10年間活躍してきたテクニクスのコンサイスコンポ、
30年以上昔の製品だが一度も故障せず頑張ってきた。

突然だがこの度引退させることにした。
しかし、後釜はまたまたコンサイスコンポである。

コンサイスコンポは同じなのだが珍しいブラックモデルにチェンジ。

シルバーの一号機は喫煙環境で使うにはやはり汚れが目立ち、
そのカラーはヤニでくすんだシャンパンゴールドになってしまう。

ヤニ汚れのついたシルバーは哀れである。

ブラックも結局のところはヤニで汚れるのだが黒さのおかけで目立ちにくい。

もう一つの理由は一号機はニチコンFG主体でケミコン交換したが、
今度のコンサイスコンポブラックモデルはエルナーのシルミックメインで
交換をしその音を聴きたいからである。

まだエージングはこなれていないがFGと比較してかなりナチュラルに聞こえる。

煙草の煙に負けずにこれからも良い音を鳴らしてほしいと思う。


テクニクス コンサイスコンポ

プリアンプ   SU-C01K
パワーアンプ  SE-C01K

新年明けましておめでとうございます。2015/01/01 16:58

新年は1月3日より営業致します。

 本年もどうぞよろしくお願いします。