原酒がない。ウィスキーピンチ?2016/10/16 03:13:13

ウィスキーの原酒がない

ここ数年ウィスキーの価格が高騰している。


今年に入ってようやく高値横ばい状態で推移しているようだ。
バーボンウィスキーよりスコッチウィスキーの方が顕著であり
大よその価格は1.3~2倍になった。
直近10年では最高値になっている。とはいえ23年ほど前から比べれば
1/2~1/4とまだまだ安いのだが。

市場を見ているとここ3年でカスクストレングス
(加水していないウィスキーの原酒)のリリースが減っているように思える。
これは何を意味するか?

要するに原酒がないのである。

その裏付けとしてすべての蒸留所ではないがノンビンテージの製品群、
度数低下品が増えている。
ノンビンテージ品は推して10年以内の酒質と思われる。

なぜ原酒がないのか考えてみる。
日本国内おいては特別ウィスキーブームで爆発的に売れた、なんてことはない。
蒸留所においては閉鎖が相次ぐとか減産しているという話も聞かない。
数百年続くウィスキー造りはさほど変化してないはずである。

私見だがこの回答は一番は人口増加によるものと考える。
この15年間で約10億人世界人口は増加している。

二番目は中国の富裕層による消費拡大である。
数年前にフランスの高級ワインやチーズの消費量が増え品薄になった
ことがあるがこれがウィスキーまで波及しているのではないかと考えている。

ウイスキーは生産国が限られていることから急な消費拡大には対応できない。
無理して瓶詰出荷をすれば一時的には回避できたとしてもすぐに原酒は
尽きてしまう。

今のペースでいけばやがてウィスキーは品薄になり違う意味での
30年前の日本における、洋酒は「高価で贅沢なもの」に逆戻り
するのではないかと不安がよぎる。

グレンファークラス 12年2016/01/26 04:03:16

スペイサイド グレンファークラス 12年

スペイサイド グレンファークラス 12年

スコッチウィスキー業界では数少ない独立系家族経営の
蒸留所であり、ブレンデッドウィスキーメーカーには一切原酒として
提供していないらしい。

あまり知名度は高くないが根強いファンがいるためか洋酒店では
結構見かける。

当店ではアイラモルト以外ではリピート率No1のスコッチである。

辛口でキレがあり43度にもかかわらずそれなりのパンチがあり
十分な飲みごたえが人気の理由ではないか。

43度時代のシーバスリーガルに、コニャックでいえばカミユXOに
似ている感じだろうか。

辛党の酒好きにはストライクだと思う。

タリスカー ポートリー2016/01/25 04:22:52

タリスカー ポートリー

スカイ島 タリスカー ポートリー

最近ポートワインやソーテルヌの樽で熟成させたウィスキーが
ゆっくりだが増えてきたように思う。

そんなさなか、このタリスカー ポートリーの登場である。
かつてスカイ島はポルトガルとの交易が盛んでポートワインを
輸入していたらしい。
ポートリーとはその港町のゲール語表記。

通常のタリスカーの原酒をポートワイン樽で後熟させた二段熟成である。

最初からポートワイン樽ではないため「FINISHED IN PORT CASK」
と表記されている。

芳醇な香りで口に入れた瞬間ほのかな甘み、後はいつもの
タリスカーに変わっていく。

ブナハーブン 12年2015/06/30 03:57:41

ブナハーブン12年

アイラモルト ブナハーブン 12年

国内においてブナハーブンはアイラモルトの中ではかなり
マイナーな蒸留所である。
アサヒ社扱いの物も存在するようだがその割には飲まれた事がある方は少ない、
そもそもブナハーブンがアイラモルトである事も十分に知られていないようだ。

アイラ島には8蒸留所しかないのだが、カリラ、ボウモア、ラフロイグ、
アードペッグしか知らない方が圧倒的に多いのは残念である。
残りの4蒸留所が嗜好性という意味では面白いモルトを醸し出していると
私は評価している。

現在流通している12年は46.3度だが、こちらはかなり
マイルドピートである。
ボウモアと同程度だろうか?
以前の40度タイプの物はしっかりしたピート感が楽しめたのだが、
ボトルデザインは同じだが中身は明らかに違う。

私的には40度タイプの方が好みだったのだが。
40度タイプを見かけたら迷わず試してみるのが良いだろう。

お知らせ2015/05/04 03:39:55

非常に残念なお知らせですが、
本年4月よりサントリー社扱いの一部のウィスキーが値上がりしました。
こちら

現時点で当店で該当するのは、マッカラン12年/ラフロイグ10年の
2種になります。

しかし、残念ながらこれ以外にも高騰している物も存在してはいます。

並行輸入の物も含めて近年は高値で推移しているのが現状です。

輸入洋酒全てに言えることですが、基本的には価格は常に
変動しているのですが、昨今変動幅が大きいためにあえて
お知らせする次第です。