原酒がない2016/10/16 03:13

ここ数年ウィスキーの価格が高騰している。
今年に入ってようやく高値横ばい状態で推移しているようだ。
バーボンよりスコッチの方が顕著であり大よその価格は1.3~2倍になった。
直近10年では最高値になっている。とはいえ23年ほど前から比べれば1/2~1/4とまだまだ安いのだが。

市場を見ているとここ3年でカスクストレングスのリリースが減っているように思える。
これは何を意味するか?

要するに原酒がないのである。

その裏付けとしてすべての蒸留所ではないがノンビンテージの製品群、度数低下品が増えている。
ノンビンテージ品は推して10年以内の酒質と思われる。

なぜ原酒がないのか考えてみる。
日本国内おいては特別ウィスキーブームで爆発的に売れた、なんてことはない。
蒸留所においては閉鎖が相次ぐとか減産しているという話も聞かない。
数百年続くウィスキー造りはさほど変化してないはずである。

私見だがこの回答は一番は人口増加によるものと考える。
この15年間で約10億人世界人口は増加している。

二番目は中国の富裕層による消費拡大である。
数年前にフランスの高級ワインやチーズの消費量が増え品薄になったことがあるがこれがウィスキーまで波及しているのではないかと考えている。

ウイスキーは生産国が限られていることから急な消費拡大には対応できない。
無理して瓶詰出荷をすれば一時的には回避できたとしてもすぐに原酒は尽きてしまう。

今のペースでいけばやがてウイスキーは品薄になり違う意味での30年前の日本における、洋酒は「高価で贅沢なもの」に逆戻りするのではないかと不安がよぎる。

グレンファークラス 12年2016/01/26 04:03

スペイサイド グレンファークラス 12年

スペイサイド グレンファークラス 12年

スコッチウィスキー業界では数少ない独立系家族経営の
蒸留所であり、ブレンデッドウィスキーメーカーには一切原酒として
提供していないらしい。

あまり知名度は高くないが根強いファンがいるためか洋酒店では
結構見かける。

当店ではアイラモルト以外ではリピート率No1のスコッチである。

辛口でキレがあり43度にもかかわらずそれなりのパンチがあり
十分な飲みごたえが人気の理由ではないか。

43度時代のシーバスリーガルに、コニャックでいえばカミユXOに似ている感じだろうか。

辛党の酒好きにはストライクだと思う。

タリスカー ポートリー2016/01/25 04:22

タリスカー ポートリー

スカイ島 タリスカー ポートリー

最近ポートワインやソーテルヌの樽で熟成させたウィスキーがゆっくりだが増えてきたように思う。

そんなさなか、このタリスカー ポートリーの登場である。
かつてスカイ島はポルトガルとの交易が盛んでポートワインを輸入していたらしい。
ポートリーとはその港町のゲール語表記。

通常のタリスカーの原酒をポートワイン樽で後熟させた二段熟成である。

最初からポートワイン樽ではないため「FINISHED IN PORT CASK」と表記されている。

芳醇な香りで口に入れた瞬間ほのかな甘み、後はいつもの
タリスカーに変わっていく。

ブナハーブン 12年2015/06/30 03:57

ブナハーブン12年

アイラモルト ブナハーブン 12年

国内においてブナハーブンはアイラモルトの中ではかなり
マイナーな蒸留所である。
アサヒ社扱いの物も存在するようだがその割には飲まれた事がある方は少ない、
そもそもブナハーブンがアイラモルトである事も十分に知られていないようだ。

アイラ島には8蒸留所しかないのだが、カリラ、ボウモア、ラフロイグ、アードペッグしか知らない方が圧倒的に多いのは残念である。
残りの4蒸留所が嗜好性という意味では面白いモルトを醸し出していると
私は評価している。

現在流通している12年は46.3度だが、こちらはかなりマイルドピートである。
ボウモアと同程度だろうか?
以前の40度タイプの物はしっかりしたピート感が楽しめたのだが、
ボトルデザインは同じだが中身は明らかに違う。

私的には40度タイプの方が好みだったのだが。
40度タイプを見かけたら迷わず試してみるのが良いだろう。

お知らせ2015/05/04 03:39

非常に残念なお知らせですが、
本年4月よりサントリー社扱いの一部のウィスキーが値上がりしました。
こちら

現時点で当店で該当するのは、マッカラン12年/ラフロイグ10年の2種になります。

しかし、残念ながらこれ以外にも高騰している物も存在してはいます。

並行輸入の物も含めて近年は高値で推移しているのが現状です。

輸入洋酒全てに言えることですが、基本的には価格は常に変動しているのですが、
昨今変動幅が大きいためにあえてお知らせする次第です。

ラフロイグの種類2015/04/01 22:25

ラフロイグの種類

オフィシャルラフロイグ勢ぞろい

最近オフィシャルラフロイグの種類が増えてきた。
これには内情があるようだがそれは割愛して
種類だけの紹介にしたいと思う。

10年カスクストレングスも以前はあったのだが
そのせいなのか、最近は流通していないようだ。

セレクトカスク  40度
QAカスク    40度
PXカスク    48度

トリプルウッド    48度
クォーターカスク    48度
10年 並行輸入品  40度
10年 正規輸入品  43度
18年    48度
30年    43度


近年10年の価格が高騰しているため、コストパフォーマンスに優れる
クォーターカスクがお勧めである。

変わり種としてはシェリーカスク系のPXカスクと30年が面白い。
又は10年の並行品と正規品の飲み比べも良いかもしれない。
両方揃えている所は中々無いだろう。

ニューアイテム(上記三種)は通常商品なのか限定商品なのかは不明だが、
ラフロイグファンには選択肢が増えてますますのめり込みそうだ。

響 21年2015/03/30 04:46

響 21年

サントリー 響 21年

以前はクレストがブレンドシリーズの最高峰だったが、
創業90周年を記念して1989年に響が誕生してその座に君臨している。

手すき和紙のラベルや表面を24面カットしたボトルなど気合が感じ取れる。

又数々の賞を受賞し世界で認められ、受賞数では30年をしのぎ
響の中では最多である。

この響21年、一押しなのは今まで嗅いだことのないその香りである。
柑橘系の甘酸っぱい芳醇な香りは記憶にあるどのウィスキーの香りとも
全く違う。

香りだけでも十分に楽しませてくれる。

口に含んでも奥行を感じ、他の同社のブレンドウィスキーとは
格の違いを感じさせる。

最近は17年や12年もリリースされているようだ。
機会があれば弟分も飲んでみたい。

アードペッグ ブラスダ2015/03/11 03:14

アードペッグ ブラスダ

アイラモルト アードペッグ ブラスダ

アードペッグは10年程前までは、ヘビーピートの部類に入る
モルトウィスキーだったが、ラフロイグクォーターカスクやトリプルウッド、
キルホーマンやオクトモアの登場により
今ではミディアムピートの部類になってしまった。

そんなアードベックから数年前に限定生産された
アードベックの中では異色なブラスダである。

このブラスダはフェノール値をかなり落とし(10PPM以下)、
「ピートが弱くてもアードペッグはウィスキーとして美味しいですよ」
というテーマの下に生まれたらしい。

アルコールも40度と低めの設定でかなり大人し目に仕上がっている。
ほのかに感じるピート香は、アイラモルト?と疑ってしまうほどだが、
純粋にモルトウィスキーとして挑んだ方が楽しめるかもしれない。

以後再生産されていないので売り切れ御免の一本である。

当店のお酒2015/02/25 01:10

先日、お酒の本数を聞かれはっとなった。
数えたのはかなり前のことだ。

確認の為大雑把に数えてみた。

モルトウィスキーはメニューに無い物もいれて    約75本

そのうちアイラ系が約半分


バーボン&ライウィスキー             約20本

ブランデー                      5本

ラム                        16本

テキーラ                       4本

ジン                        10本

その他                      約60本

ビール/ワイン/シャンパン/スパークリング    約20種

在庫は常に変動していて増えたり減ったりを繰り返している。
気が付いたらアイラモルトがかなり増えていた。
場所があればもう少し増やしたいと思うところである。

グレンドロナック 12年2015/02/18 02:56

ハイランドモルト グレンドロナック12年

ハイランドモルト グレンドロナック12年

最近シェリー樽系のモルトが人気である。

「お勧めを下さい。」
というリクエストの場合、「出逢って良かった。」と
言われるようなものをその方のストライクゾーンをお聞きしながら
選ぶわけだが、リピート率が高いものを挙げると当店の場合、

ラガヴーリン 16年
ラガヴーリン ダブルマチュアード
キルホーマン シェリーカスク
オクトモア
グレンドロナック 12年
グレンファークラス 12年


こんな感じなのだが、オクトモアとグレンファークラス以外は
全てシェリー樽系である。

マッカランが切れている時に「代役」として提供すると、
以後マッカランに戻らない方も時たまいらっしゃる。

色も味もマッカランより濃くほぼ同じ価格帯にもかかわらず贅沢な気分になれるらしい。

ベンリアックがオーナーになってからか流通量が増えたような気がするが
シェリー樽系のアイテムとして人気が出ているのは間違いないようだ。

ペドロヒメネスとオロロソ樽のブレンドだがバランスも中々よい。
シェリー樽系ファンにはお勧めの一本である。