ウォッシュチーズ ニュイサンジョルジュ入荷2010/08/19 23:53

ウォッシュチーズ ニュイサンジョルジュ

ニュイサンジョルジュ

ニュイサンジョルジュと聞くとブルゴーニュの白ワインを思い浮かべますが、
このチーズはそのワインを意識して作られた同じ名前のウォッシュチーズです。

包装を解いてみるとそんなに熟成が進んでいないのにもかかわらず、
表面はねっとり湿っていて強烈な香りを漂わせています。

しかし食べてみると意外に淡白なクリーミーさですんなりいけるかも。

味よりは香りが強いので口に入れる前にちょっと構えてしまう そんなチーズでしょうか?

塩分もそんなに強くないので生産者の意図するブルゴーニュ系の
白ワインまたはタンニンの少ない軽めの赤ワインで合わせると良いかも。

正山小種・ラプサンスーチョン②2010/03/10 22:38

以前紹介したラプサンスーチョン。
全部飲み干してしまった。
暫くそのままにしておいたのだがどうしても飲みたい衝動に駆り立てられ新しい茶葉を購入した。
今度は違う専門店で買ってみた。
最初に買った方がやや濃いような気がするが断定できるほど明確ではない。

「うまい」

この味この香り
私はミルクティーにしていただいているのだがこの苦いような味わいとコクがミルクに合うそして強烈な香り。

ラフロイグ好きはハマルかもしれない。
好き嫌いははっきり分かれるこの紅茶。
興味ある方は一度お試しあれ。

メニューには載せていませんがリクエストがあればグレイでご提供いたします。

フレッシュチーズ サンマルセラン入荷2009/12/13 15:24

フレッシュチーズ サンマルセラン

サンマルセラン

一見ウォッシュや白カビタイプのチーズに見えますが、
実はフレッシュチーズのサンマルセラン。
このチーズもフレッシュタイプにしては高価なので興味を持って買ってみた。

開封してナイフを入れてみると中はとろけるようなクリーミー状態、
熟成が進んだカマンベールのようです。

食べてみるとこれもまたクリーミーでコクがあり食べやすいチーズでした。

これがフレッシュ?と疑うような初めてのチーズです。
「白カビのない熟成したカマンベール」という表現が分かりやすいかも。
既に食べごろなのでお勧めです。

ウォッシュチーズ グレデボージュ入荷2009/12/06 03:20

ウォッシュチーズ グレデボージュ

グレデボージュ

以前から気になっていたこのチーズはアルザス地方のボージュ山麓で作られる
ウォッシュチーズ、その名はグレデボージュ。

他のウォッシュチーズと違うのは、それが一番気になっていた理由なのですが
キルシュ(チェリーブランデー)で表皮を洗っていること。

キルシュ自体高価なお酒なのにそれでウォッシュしているとはなんと贅沢なチーズなんでしょう。
小さいわりに値段が張るのもうなずけます。
ロックフォールの約1.5倍もする価格なので今まで買い控えていましたがチーズの上に飾られたしだの葉を見るたびに一度は食べてみたいと思い仕入れてみました。

あまり熟成が進んでいないようなので少し寝かせてから食べてみようと思います。

シェーブルチーズ セルシュールシェール入荷2009/07/10 04:46

シェーブルチーズ セルシュールシェール

セルシュールシェール

シェーブルチーズのセルシュールシェールの紹介です。
一般的に「シェーブル」とよく言いますが、「シェーブル」とは山羊乳で作られたチーズの総称で、切り口が真っ白い物が多く酸味があるのが特徴です。

ロワール地方には歴史的な背景で山羊が多く生息しており
その関係で シェーブルチーズの産地として有名です。
フランス産のチーズには産地の村の名がチーズの名称になることが
多いですが、このセルシュールシェールも同名の村があります。

又シェーブルチーズには酸味を和らげる為木炭の灰をまぶしたものが多く、取り除かずにそのまま食べることができます。

セルシュールシェールはシェーブルチーズの中で最も早く
A.O.C を取得した本格派チーズで、辛口の白ワインでも楽しめると思いますし赤ワインですと軽めのタイプが合うでしょう。

これは比較的にさっぱりした酸味のあるチーズが多い
シェーブルチーズに共通していると思います。

ウォッシュチーズ エポワス入荷2009/07/07 06:38

ブルゴーニュ産ウォッシュタイプチーズ エポワス  A.O.C

エポワス

今日は久しぶりにチーズの紹介です。
その名は知る人ぞ知るエポワス。
表面をマール酒で洗ったブルゴーニュ地方のチーズ、もちろんA.O.C

若いときは普通のウォッシュチーズ?
しかし表面がややふかふかした感じに見えますが、
熟成が進むと強烈な匂いを発します。
そして中身もとろとろに溶けたような、なんというかカスタードクリームのように
ネットリしてきてナイフで切るのではなくティースプーンですくってパンなどに塗って食べます。

塩水で洗ったタイプのものよりブランデーやマールなど酒類で
ウォッシュしたものの方が熟成が進むにつれて味や匂いが強くなり、
熟成前とはまったく別のタイプのようなチーズになってしまうところがウォッシュタイプの醍醐味ではないでしょうか?
食べるタイミングによって好き嫌いが分かれるマニア向け?
のチーズだと思います。
熟成したエポワスが食べられれば他のどのウォッシュタイプも美味しく頂けるのではないかと思います。

一度食してみてはどうでしょう。
「これがチーズ?」と思うような感動を覚えるかもしれません。

もう少し熟成が進んでからご提供をと考えていますが、リクエストがあれば可能ですのでお尋ねください。

正山小種・ラプサンスーチョン2009/05/12 03:47

正山小種・ラプサンスーチョン
私は燻製物が結構好きなほうである。
子供の頃「イカの燻製」が大好物だった。
そのせいか今でもメニューには燻製物として「明太子」と「沢庵」を用意している。スモークだけは自家製でやっている。

スコッチを飲むようになってから原料を燻してから蒸留したウィスキー「ラフロイグ」に出会った。これも私の好みである。

先日あるお客さんから匂いのきつい中国の紅茶の話を聞かせていただいた。
なにやら原料の茶葉を燻して着香してるらしいというのである。

英語で発音するとラプサンスーチョン、漢字で書くと正山小種である。

ちょっと調べてみると、中国茶の原料であるきーもん茶の茶葉を乾燥させるのに松葉を炊いて乾燥を早めている、そしてその松葉の香り成分が茶葉に付着するので香りの強いお茶になるということである。

飲んでみるとちょっと苦めの紅茶である。
しかし香りが強烈である。
目隠しされて匂いをかがされたら「正露丸」をイメージするかもしれない、
それほどはっきりした香りである。

好きになるか嫌いになるか飲み手を選ぶ紅茶だと思う。
幸い私は普通の紅茶として問題なくいただける。
好みが決まるまで飲み続けてみようと思う。

サンタンドレ/マンステール入荷!2008/10/03 02:51

サンタンドレとマンステール

サンタンドレ/マンステール

新に2種のチーズが入荷しました。

左はサンタンドレ
ふかふかした白カビが特徴で濃厚なコクとクリーミーな味わいです。

右はウォッシュタイプのマンステール。
塩水で表皮を洗って中を熟成させたアルザス地方のチーズ。
地域によってはその土地特産のブランデーなどで洗ったタイプもあります。
表皮はしょっぱく中はまろやかなクリーム状の柔らかさがくせになりそう。
熟成が進むとともに匂いも強くなってきます。

テテドモアンヌ/サントモール/ポンレヴェック入荷!2008/09/05 05:05

テテドモアンヌ、ポン・レヴェック、サントモール

テテドモアンヌ/サントモール/ポンレヴェック

大分時間かかりましたがようやく欲しかったチーズが入荷しました。

今回は、シェーブル、ウォッシュ、ハードの3種類です。

シェーブルは山羊の乳で作られた酸味のあるさっぱりしたチーズです。

ウォッシュはフランスノルマンディ地方を代表する外皮を塩水やブランデーなどで洗って熟成させたチーズ。因みにポンレヴェックは塩水でのウォッシュ。

スイスのハードタイプのチーズジロールという専用の削り器で花びらのように薄く削って召し上がります。


画像

左  テテドモアンヌ

右  ポンレヴェック

下  サントモール

今までのカマンベール、ゴルゴンゾーラ、グラナパダーノに合わせて 6種類になり、 グラスワインもぶどうの品種で選べるように種類を増やしチーズと合わせやすくなりました。

人生最高の焼きそば2008/04/10 03:04

お客さんから時々「珍宝の手羽先が食べたいなぁ」、「亀屋のラーメンが食べたいな」という話を聞くことがある。
この界隈ではちょっとした有名店であったらしい事は店を始めてから知ったのである。亀屋についてはその存在は私が子供のころから知っていたが一度も入ったことがなかった。見た目は「甘味喫茶」だが店頭のショーケースには蝋細工?のメニューがあったような気がする。しかしラーメンが一押しメニューだとは知らなかった。

珍宝については今のデニーズの辺りに存在していたらしいが私はその店を知らない。何人かのお客さんから回想録としてその手羽先がおいしかった事をそして復活すれば今もまた食べに行きたいということを耳にする。いずれも存在価値の大きい魅力的な味とお店だったのだろう。

西小山生まれの私にもそれに近い思いはある。
それは「焼きそば」である。
西小山駅の改札を出て右に、角のコンビニと果物屋の間を少し進んだ左側に古くからある花屋がありその前辺りに「千草」はあった。
今現在はそこは何になっているかは分からないが「千草」の跡は暫く薬局があったのを覚えている。
その後何回か店が変わったらしい。

その千草は今思えば「甘味喫茶」のジャンルに入るのだろうか?
ぜんざいやおしるこ磯辺焼、ところてんにあんみつやみつ豆そして大人気の焼きそばが全てだったと記憶している。飲みものはコーラがあったような気がするがコーヒーなどもあったかは定かではない。

狭い店でやや化粧の濃い甲高い声のお姉さんがホールをひとりで切り盛りしていた。
焼きそばのお持ち帰り客も多かったのもはっきり覚えている。
お客の9割は焼きそば目当てだった。

餃子の皿のような楕円の皿にオムライスのように盛られた焼そばは、 少し焦がし目に焼いたのだろうか箸でつまんでもくっついたまま簡単にはほぐれなかった。
具はキャベツだけでてっぺんに紅生姜が乗っていたと記憶しているが油は少なめでやや固麺だったのが特徴だった。
麺とキャベツと油とソースを絡めて炒めただけのシンプルな料理であるが美味いのである。地元では事あることに「千草の焼きそば食べに行こう」が普通だった。
最後に食べたのは25年くらい前だろうか?それ以来いろいろな焼きそばを食べてきたが「千草の焼きそば」以上のものはいまだかつてない。
珍宝や亀屋の話しを耳にするたびにその「焼きそば」を思い出すのである。
人生最高の焼きそば、千草の焼きそば又食べたいと思う今日この頃である。