珍多羅2006/12/23 15:03:56

珍多羅

白石酒造 珍多羅 黒麹 44.1~44.9度以下

今日は先日に続きハナタレの「珍多羅」の紹介です。 蒸留して最初に出てくる部分をハナタレと呼ぶと 前回述べましたが、ではどこまでが最初なのか? というところから説明します。 まず「ハナタレ」には決まった定義が無いそうです。 2時間くらいの蒸留作業で出てくる液体を 「初垂れ」「中垂れ」「末垂れ」と呼びますが 全部入っていなければ「ハナタレ」になるそうなんです。 どういうことかというと最初の1分でも1時間やって中垂れまで 入れても「ハナタレ」という事になるんです。 因みに末垂れまで全部入れたものは「原酒」という事になります。 どうしてこの時間のことを説明するかというと、 最初の数分だけで瓶詰めしているタイプのハナタレと 「中垂れ」まで採っている「ハナタレ」の2種類が存在するからです。 この「珍多羅」は後者の部類に入ります。 飲んでみた感想は、アルコール度数は44.1~44.9以下と 表示されていますがそれをさほど感じないややおとなしい 飲みやすい味わいです。 ハナタレ初心者には向いているかもしれません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gray.asablo.jp/blog/2006/12/23/1044081/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。